結婚式場を探したい人必見!決め方から相場まで式場選びのポイントをご紹介

このサイトは結婚式場を探したい人必見の、決め方から相場まで式場選びのポイントをご紹介しています。
結婚式をする会場を決めかねている場合には、このようなイベントを活用すると良いでしょう。
またこのサイトでは招待する人数に合った式場を決めるコツも解説しています。
さらにこれから挙式・披露宴をする人が知っておきたい、式場のタイプと特徴に関しても触れているサイトです。
満足度の高いウェディングをするために役立つ情報となっています。

結婚式場を探したい人必見!決め方から相場まで式場選びのポイントをご紹介

自分たちの希望に合うような結婚式をするための会場を探したいと考えている人も多いのではないでしょうか。
結婚式場を決めるときには、まず気になる式場をピックアップして実際に見学に出かけてみることをおすすめします。
判断がつかないときには、利用したことがある人の口コミや評判を参考にしてみるのもおすすめです。
結婚式場の相場は、挙式内容や人数規模によって変わって来るのが特徴です。
40名程度の場合の一例を紹介すると、およそ70万円から120万円ほどといわれています。

挙式や披露宴をする結婚式場の決め方のポイント

結婚式場の決め方のポイントはそれぞれのカップルで異なりますが、優先順位をまず決めておくと絞りやすいです。
予算を第一条件で選ぶという事になりますと、選択肢は限られてきますしまとめられているサイトを利用して相場をチェックした上でそれぞれの結婚式場で見積もりをだしてもらって詳しく見ていきましょう。
公式サイトに記載されているとはいえ、それは最も基本的なプランです。
ほとんどの場合で追加していきたくなりますし、衣装や料理や装飾なども含めてです。
演出をこだわるとなるとそこでも料金はプラスになりますし、撮影をどうするかもホテルや結婚式場で依頼すると高くつくことも有りますので自分達で探して依頼するというのもありです。
全てその式場で完結させる必要はありませんが、外部のサービスを利用する時にはそれが可能であるか、また追加料金が発生しないかなども含めて見積もりを出していく事をお勧めします。
条件を揃えて見積もり金額を比較していきましょう。

人気の結婚式場の相場はどのくらい?

結婚をすることが決定すると結婚式場選びが始まりますが、気になるのが費用です。
見積もり額よりも最終額の方が多くなることで有名であり、費用を抑えたい場合は十分に注意しなくてはなりません。
結婚式場で人気が高いのはチャペルでの結婚式です。
結婚雑誌の2018年の調査によると結婚式場の平均額はゲストを60人呼んだ場合325万円ほどであり、首都圏や東海エリアは若干高めになります。
また300万円から350万円で20.5%、250万から300万円が13.1%という結果から、結婚式場においては200万から400万が全体の5割を占めることがわかっています。
そのため相場は300万円が一般的になります。
ただしレストランで行う場合は小規模で済むことから、価格は250万円よりも少なくなることもあります。
挙式スタイルも費用に影響しており、一番人気のキリスト教式では高くなります。
逆に無宗教でも気軽に行える人前式の場合は安く抑えることができ、そのままパーティに移行することもできます。
費用は式場選びのポイントの一つになるので、どのような式を挙げたいかをまず考えると良いでしょう。

一軒家風の結婚式場を貸し切るにはいくらかかる?

様々な結婚式のスタイルがある中、近年注目が集まっているのが一軒家風の結婚式場で行うスタイルです。
ゲストハウスウェディングとも言われており、アットホームな雰囲気の中行えるのが魅力となっています。
また一般的な結婚式場にはないおしゃれさと豪華さがある他、新郎新婦の希望を叶えることができるので、個性的な結婚式を挙げることができます。
完全に貸し切るので自分たちの雰囲気を堪能することができ、ゲストとの距離も近くなります。
個性的で豪華な結婚式が行える一軒家風の結婚式場は一般的に高めであり、通常は平均250万円ほどですが、ゲストハウスでは平均して380万円ほどかかります。
さらに多くの式場では持ち込み不可になっていることが多く、たとえ持ち込めたとしても高額な別料金が発生することがあります。
できるだけ費用を抑えるにはペーパーアイテムを自作する方法があり、5万円ほど節約することができますし、ブーケトスやテーブルのお花を控えめにすると予算を抑えることができます。

和風の結婚式場を選ぶときに着目したいポイント

結婚年齢が昔より高くなったり、国際化の中敢えて和装で大人っぽく粋に結婚式を挙げるカップルも増えて来ています。
和装を希望するのであれば、結婚式場も和風をと望むのも当然のことでしょう。
立派な日本庭園を構えた結婚式場も少なくありません。
落ち着いた庭を眺め、畳の良い香りの中、談笑すれば素敵な結婚式になるだろうことは想像ができます。
しかしながら、和風の結婚式場を選ぶ際に、気を付けたいのはテーブルセッティングです。
近年では畳の上でもテーブルにイスをセッティングしてくれる式場もありますが、確認することは必要です。
招待客の中に膝が悪い方がいたら、イスは必要不可欠です。
また、現代的な生活の中若い人でも長時間の正座は苦手だと思います。
招待した方々に少しでもくつろいで楽しんでいただくためにも、心配りは大切です。
ただ、小さなお子様がいる場合は畳の上であればおすわりもさせられますし、歩いて転んでも心配は少なくて済みます。
畳の良さを十分に生かしながらも、配慮の出来る式場を選びたいものです。

著者:奥村虎男

筆者プロフィール

長野県軽井沢町生まれ。
結婚式場で働いています。
式場選びで悩む方が多いので、サイトを開設しました。
軽井沢の式場はこちら